たんばらラベンダーパーク

 こちらは2月に訪れた時の模様、今年は雪が例年以上とのこと。
とてもここにラベンダーが一面咲き誇るシーンを想像出来ません。
スキーシーズン終了後、暫く休んだ後に準備に掛かるそうです。
 暫く振りに行ってみました。6月半ば、少しずつ準備が進んでいるそうです。
まだまだお客様にお見せは出来ないとか(無料での開放です)・・そうですよね、でもこの整然とした感じから何かが感じ取れそうです。
 管理は毎日欠かせません。雑草との戦い、やはりお客様にお見せする以上、 常に綺麗にしておかなければいけませんね。
こういう日々の努力の積み重ねが大事です。頭が下がりますね。
 取材に行った時に、偶然にも土止めの部分の工事をしていました。
場所柄、必然的にソフトな材料をチョイス、定期的にメンテ、交換が必要とのことです。
 こちらはトラクターで耕運中のカット、この様に計画的に予め道をつくってしまえば管理、維持が非常に楽になります、こちらも場所を変え毎日の作業になります。
 ちょっとここでブレーク、こちらはラベンダーパーク途中の強清水(こわしみず)の滝、あまりの冷たさと水量に思わず強い(こわい)といったことから言われる様になったとのこと。
水音もちょっとした癒しになりますね。
 こちらは定期的にラベンダー等の植え替えを行うシーン、雑草管理も大事ですが、やはりこれだけの数、駄目なものを随時、入れ替えないといけません。
より美しく、より綺麗に・・・
 いやー、綺麗ですね。本当に言葉はいりません。こちらは8月上旬の模様、例年に比べ1〜2週間前後遅いとのこと。これは一見の価値、大いにありますね。
 ラベンダーばかりではなくこんなに綺麗なものも・・・息を呑む感じです。また、駐車場もこんなに広い!
機会がありましたら、是非訪れて欲しいスペースです。

平成17年8月31日掲載