• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

洋風庭園

田園調布のウッドデッキ製作

洋風庭園

今回は、高級住宅街でお馴染みの東京都大田区田園調布にある お宅にウッドデッキの製作を依頼されました。
坂の多い街で、この様に高台にお宅があります。
410_03_01
410_03_02 こちらが今回、ウッドデッキを製作する場所になります。
お子さまの遊び場所と、ここからの景色を楽しみたいとの2つの要望がありました。
まず、地面を平らに均します。何事も最初が肝心ですね。
今回は、僕の大学時代の後輩(http://www.nodai.ac.jp)に仕事を頼みました。
彼は本当は造園業ではなく、大工さんになりたかったそうです。
さすがにうまい!好きなことは上手なんですね。
410_03_03
410_03_04 次に、基礎となる部分の沓石(くついし)の設置ですが、スペース上、側溝の上に乗せることなり、この様に少しずつサンダーでカットします。こういうことが大事ですね、きれいにはまりました。
410_03_05
今回は、ウッドデッキの材料としては最適な米栂を使用しました。こちらの材料は
(社)西入間青年会議所(http://www.nishiiruma-jc.jp)のメンバーである僕の後輩の材木屋さんに手配してもらいました。この様にミゾを彫り、順番に組み立てていきます。
410_03_06
410_03_07
410_03_08 次に、防腐剤となるオイルステインを塗っていきます。
こちらの作業も手を抜くわけにはいきませんね。
いくら良い材料を使用してもやはり天然ものです。
定期的なメンテナンスでより長持ちといきたいところですね。
基礎となる土台の部分が完成しました。
ラティスフェンスもデッキに合わせ天然ものを使用しました。こちらのフェンスの防腐処理が一苦労です。知り合いの塗装屋さんに話を聞いても細かい仕事なので・・・と言っています。この後、こちらのデッキの部分の板張りと作業は進行していきます。
410_03_09
410_03_14

 

完成です、早速遊んでいますね。アンパンマンかな?

こちらのフェンスは写真の様に開閉出来る様に製作しました。この方が美観的にもお子さまの安全面でも正解ですね。

 

410_03_12 デッキの脇に遊び感覚でこんな洗い場をつくってみました。
この蛇口の柱の部分の木もわざわざくり貫きました。
この作業の際、ちょっと怪我をしてしまったそうです。
大丈夫かな?
最後に、こちらがウッドデッキからの景色、田園調布を見渡す感じになります。
晴れた日には富士山が見える?この風景はさすがに捨てられませんね。
こちらを見ながら子育ての合間、ボーッとしたいとのことでした。
410_03_13

 


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ