• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

洋風庭園

ガーデニングテーブルの製作

洋風庭園

今回は、ある意味本物のガーデニングテーブルの製作を依頼されました。
米松を原材料とし(直径70~80センチメートル、厚さ約20センチメートル)知り合いの材木屋さんに材料を手配して頂きました。
410_02_01
410_02_02 こちらは脚になる材料、ヒノキです。長さは約1メートル、直径約15センチメートルです。
この材料をテーブルとのバランスを考え加工していきますが、材料、特にテーブルの方が中々良いものが見つからず苦労しました。

 

この様にテーブルの裏側にノミで四角く穴(ホゾ)を彫り、そこに脚をはめ込むというものです。こちらは大工さんに頼みました。この大工さんもよく知っている方で、普段は住宅関係の仕事ですがこういう細かい作業も好きだ、と言っていました。

 

こちらのショットはテーブルの中心にパラソル用の穴を作製中のものです。
お客様の指示が製作用工具の規格に合わず、手彫りとなりましたが、さすがに上手ですね、機械を使用した場合と殆ど変わらず綺麗な仕上がりです。
410_02_06
410_02_07 最後の仕上げにこの様に表面を平らに仕上げます。こちらの作業も大事です、お化粧をする様な感じでしょうか?

 

無事にお客様のお庭に設置しました。重さがかなりありましたので、クレーン車での搬入となりました。
周りの椅子はヒマラヤスギが原材料です。仕上がりの良さに御主人、奥様、共に大変喜んでいました。
実際に、良くお庭にマッチした作品でした。
全部(テーブルと椅子10個)で約¥120,000の費用でした。

 

 

410_02_10 後日、お伺いした際の写真です。
御主人が塗装を施され、パラソルを設置されました。
とても日曜大工とは思えない仕上りですね。プロも顔負けです。
410_02_11 こちらのパラソルは、メーカーに頼み込み、テーブルに合う様サイズを変更したそうです。
うーん、凄いですね。
夏の時期、夕方の晩酌を奥様とここで楽しみたいと話されていました。

 


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ