• 古い庭石・景石・灯篭などの販売
  • 残土の搬出・処分・販売
  • 造園ローン
  • 植木屋のブログ日記
  • 植木屋 小川貴範
  • リンク
  • 埼玉県知事許可<般-29>第26062号
  • 庭 造園 植木 外構 エクステリア
  • 有限会社豊美園
  • 〒350-2223
  • 埼玉県鶴ヶ島市高倉301番地
  • TEL:049-285-6110
  • FAX:049-286-9110

和風庭園

和風のお庭のリガーデン2

和風庭園

さて、今回紹介するのは、東京都中野区のあるお宅、ちょっと趣きのあるお宅の、ちょっとしたスペースのお庭の再生を依頼されました。
ご覧の様に、敷地一杯って感じで建物が建っていますね。

 

うーん、長細い敷地に、植木や瓦などがバラバラって感じで配置されている感じです。
随分昔に、ある植木屋さんに頼んで庭を造ってもらったそうですが、物も沢山置かれ、正直、統一されたコンセプトが感じられませんね。

 

こちらは、ある程度片付け始めたシーン、自然石の玉石などを取り除いていくと、結構広い!また、撤去した樹木の根をブロック塀の向こうへ吊り出します。
一つずつ整理していくことに楽しさ?を感じてしまいました。

 

建物の軒先と、ブロック塀の間は、およそ1mくらい、石を引き摺り出す際、壁を傷つけない様、板とシートで養生です。
今回の作業は、私1人、仮に2人だったとしてもこの大きさの石材は、運び出すことは不可能です。

 

こちらの写真は、奥の模様、古瓦が何とも陰湿な感じ・・・このブロック塀の透かしブロックの周辺、撤去した土の跡が・・この土の山が透かしの穴の外に漏れて、大変汚れてしまう、とのこと。
ここも、直してあげたかったところです。

 

石材、樹木を撤去し、地面をフラットに仕上げたシーン、奥に見える排水パイプが美観的に非常に気になり、より美しく見せる為に桝を新たに設置、この方が、よりスッキリする感じですね。

今回は、既存に使用されていた錆色の伊勢五郎太石を高圧洗浄で洗い直し、新しいものを追加搬入しました。1寸(約3センチ程度)と2寸(約6センチ程度)のサイズを混ぜ合わせます。
先程の桝の周辺、分かりませんよね?

 

こちらは、以前、散水栓が存在したところ、現在は、他の場所にありますが、この様にコンクリートで固められ、かなり目立ちます。少しでも見た目を和らげる為に、色を付けてみました。

 

こちらの写真は、先程の古い砂利と新しいものを混ぜたシーン、色が違いますが、これは仕方が無いところですね。
新しい散水栓の中に細かい錆砂利を入れ、端にタマリュウをポイントで。
ちょっと気配りが、よりこの庭を栄えさせますね。

 

作業完了のシーン、雪見灯籠をここに設置、いい感じになりました。
今回は、石材も大きいものと小さいものを混ぜてみましたが、これが正解でした。散水すると、より美しさが際立つ感じ、お客様のご満悦のお顔が印象的でした。

 


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ