• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

大木・高木の伐採・移植・剪定

警察署内の大木伐採・抜根

大木・高木の伐採・移植・剪定

埼玉県の北部に位置する、ある警察署の敷地内、電気関係の埋め込み線などを入れ替えるとのことで、邪魔?(可哀想ですが)な敷地内の大木などを伐採・抜根作業させて頂く内容を掲載させて頂きたいと思います。

画像の様な感じで、複数の場所にあるこれらの樹木を外し(切断)、画像にも映る重機などを使ってそれらの根を取り除こうという作業になりますが、すぐ脇の万年塀や、建物などが非常に邪魔になりますね・・・

作業開始、まずは上物になる枝や葉、幹などを切断していきます。これらの作業も、何でもかんでも切れば良い・・というものではなく、ある程度、計画的に作業を進めませんと、大変なことになってしまいます・・・

切断した枝葉や幹などは、こんな感じに集めて、トラックの荷台に載せて搬出・処分というかたちになります。重機(パワーショベルなど)を使って根を掘り上げ易い様、幹をこれくらいの高さに残しておきました。

今回の対象物の中で、一番大きいものがこちら、クレーン車の先に人間が乗車可能なカゴを付け、上から順番に切断していきます。時には、カゴから直接に乗り移って、こんな感じにて作業することも有ります・・・

その大きなケヤキを、倒そうとする作業がこちら、倒したい(切り易い)高さに切り口(カマ)をこんな感じに入れて倒しますが、重要なのは、倒したい方向を再確認し、ロープやワイヤーなどで引っ張ることでしょうか・・・

さて、倒したケヤキの大木をこんな感じにて切断していきますが、やはり大きなチェーンソーが必要になりますね・・切断した幹などは、パワーショベルのつかみ機を使ってこんな感じにダンプ車の荷台に移していきます。

さて、その切断させて頂いた枝や葉、幹などは最終的にこんな感じにて、クレーン車やダンプ車の荷台の脇に板を挿入して、より多くの数(量?)を弊社置場に搬出し、そこでチップ作業を行います。詳細は、弊社HPにて。

大きいですね、このパワーショベル(ユンボ)は・・その力のある重機と、ちょっと小さめなユンボを駆使して、こんな感じにてこの大きなケヤキの根を堀り上げていきます・・人間の力では、もう無理でしょうかね・・・

このパワーショベル(ユンボ)の重量は、約7トン・・根の重さはどれくらいでしょうか?多分ですが、約1トンはあるかと思います。その重たい根をこんな感じで吊り上げて、クレーン車の荷台に載せた模様がこちらになります。

さて、最初に掲載した画像を参照頂きたいのですが、発電設備(キュービクル?)脇の樹木抜根の模様がこちら、幹の小さいものは、つかみ機で、引き抜きました。作業終了後の更地?の画像がこちらとなります。

ご紹介している、広い方の敷地の作業終了後の画像がこちら、最初にアップしたものと比較して頂きたいと思います。「これで、電気関係の配管を自由に設置出来る、有難う」と元請の監督さんに誉められた次第になります。


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ