• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

大木・高木の伐採・移植・剪定

県道沿いの背の高い木の撤去

大木・高木の伐採・移植・剪定

 

 

今回紹介する内容、埼玉県のほぼ中央、ある県道沿いの背の高い木を元から撤去(伐採)する内容をお届けしたいと思います。対象物の左側に映る、途中で切った感じの背の高い木、こちらの御主人が作業を実施したそうです・・凄い!!

 

 

 

かなりの重さ(重量)が有りますので、今回は13トンラフテレーンクレーン車を手配して撤去作業に臨みます。道路使用許可申請をして受理されました、伐採作業開始!?車両の行き来が激しい?ので、誘導が大変?になります・・・

 

 

 

今回のこの背の高い木の伐採(撤去)作業になりますが、ご覧の様に埼玉県のある県道を片側通行とさせて頂き、その封鎖した片側道路上にラフテレーンクレーン(ラフター)などを設置して作業を進めます・・・

 

 

 

そのラフタークレーンの先に、見えますでしょうか?人間が乗車可能なイス?(我々はブランコと呼びますが・・)を使ってこの背の高い樹木の枝などをまず、切って(切断)して行きます、改めて見直しても、高い?ですよね・・・

 

 

 

当日は、作業を進めるには丁度良い環境、熱くも無く寒くも無い、曇りでした。ただ、写真を撮影するには、ちょっと残念でしたが・・写真をご覧下さい、対象物が段々と小さくなって行くのが、お解かりかと思います・・・

 

 

 

枝を降ろし終えた後に、今度は幹の切断に掛かります・・ある程度大きいチェーンソー(バーの長さが長い)を駆使してご覧の様に幹を切断していきます。無事に切ることが出来ました、切ったこちらの幹の重さ、約700キロ有りました。

 

 

 

幹をこの様に切断した後に、この重たい幹を地面に下ろさなければなりません。非常に危険なので、人間と対象物の幹の入れ替え?をしなければなりません・・電柱が見えるかと思いますが、電線がここまでで終了、作業し易く助かりました・・・

 

 

 

最後に一番重たい根元部分の切断、まずハシゴを使って幹の先の方にワイヤーを巻き付けてラフターにて吊り上げる準備をし、その後に弊社で一番排気量が大きい(バーの長さが長い)チェーンソーを使って廻し切りを行います。

 

 

 

巧く切断出来ました!すぐ脇に家が有りますので、ちょっと緊張しましたが、何とか成功?しました・・いやー、それにしても重たそう・・約1.3トン有りました、こんな感じで、倒すのも、一苦労と相成りました・・・

 

 

 

「ついで?にこっちも切ってくれ・・」との、こちらの御主人からの御要望・・本来の予定には無いものでしたが、お客様には逆らえません?喜んで切らせて頂いた次第になります。こちらもかなり重たい・・400キロ有りました。

 

 

 

さて、切断(撤去)させて頂いた樫の木、こんな感じになります・・穴が開いていますね、お分かりになるかと思いますが、いずれ危険な状態になることは必至!早めに手を打って正解だったかもしれません・・・

 

 

 

さて、一連の作業が終了致しました。これで安心ですよね!また落ち葉掃除も大変だったとのことで、良かったと思います。切った枝葉や幹はこんな感じ、切ってしまい可哀相?でしたが、薪にして有効に活用するそうです・・・

 

 

平成29年05月29日掲載

 

 

 

 

 

 

 

 


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ