• 古い庭石・景石・灯篭などの販売
  • 残土の搬出・処分・販売
  • 造園ローン
  • 植木屋のブログ日記
  • 植木屋 小川貴範
  • リンク
  • 埼玉県知事許可<般-29>第26062号
  • 庭 造園 植木 外構 エクステリア
  • 有限会社豊美園
  • 〒350-2223
  • 埼玉県鶴ヶ島市高倉301番地
  • TEL:049-285-6110
  • FAX:049-286-9110

大木・高木の伐採・移植・剪定

狭所での高木伐採作業

大木・高木の伐採・移植・剪定

さて、今回に紹介する作業内容は、クレーン車などの重機(機械)などを使用出来ない場所に有る高木(今回はヒノキなど)を元から切断(伐採)してくれないか・・との御相談、画像でも分かる様に、すぐ隣には建物が建っております・・・

 

この画像からも解かる通り、その山林の敷地の一番端に位置するこれらの高木、隣の倉庫の方からのクレームで、元からの切断となりましたが、「やり難い作業」は一目瞭然、360度どの方向にも倒せるのであれば、非常に楽なのですが・・・

 

まずは、背の高い樹木を伐採(切断)する前に、足元の整理?も兼ねて低木などをご覧の様に伐採させて頂きました。山林の中なので、切断した枝葉や幹は搬出する必要は無く、1箇所に積み上げておいてくれれば良い・・とのことでした。

 

さて、その足元?の整理作業後に、こんな感じにて、いよいよ高木の切断(伐採)作業の開始になります。もう1枚の画像は、その木によじ登った際に撮影した隣の倉庫の屋根・・このヒノキの落ち葉などが雨樋などを詰まらせてしまうそうです・・・

 

こちらの画像は、対象物であるこの高木に登り込んで、手鋸(ノコギリ)や画像に見えるチェーンソーにて手で持てる太さの枝を切断しているシーン、作業の能率や安全性を考えて、枝をある程度の長さに残しておくのがポイントとなります。

 

さて、こちらの画像が、この背の高いヒノキの一番上にあたる部分、いつものことですが、何となく登頂に成功?した気分になりますね。その一番上の部分を、この樹木に対して申し訳無い・・と心の中で呟きながら切断させて頂いた模様がこちらになります。

 

この高木の一番上によじ登った際に撮影させて頂いた景色がこちら、結構高いことが、判って頂けると思います。すぐ近くの家の人が、暫くの間観てくれていて、一番上の部分を切断した際には、大きな声と拍手にて、労って頂いた次第になります。

 

1枚目の画像が、ある程度手に持てる枝を落とし始めたもので、2枚目の画像が、半分くらいまで、電信柱状?にしたものになります。ここまで落とせば、随分と軽くなったことは間違い無いでしょう、落とした枝葉を片付けるのが大変でした・・・

 

さて、その電信柱状?にした桧(ヒノキ)にワイヤーなどを掛けて、チルホール http://www.tircorp.co.jp/products/pull/tirfor/index.html という特殊ツールを使って、引っ張りながら倒す・・というのが、今回のメイン作業になります。

 

今回に依頼された背の高い檜(ヒノキ)は合計で3本になりますが、こんな感じにてチルホールを駆使して対象物自体を引きながらチェーンソーにて切断するというもの、すぐ脇の建物やフェンスなどに配慮しなければなりません・・・

 

何とか 無事?に、この背の高い太い幹のヒノキを倒すことに成功?致しました。高木を倒す瞬間は常に緊張の連続・・けたたましい音をたてながら倒れるその様は、倒れる方向を確認さえ出来れば、心地良い響きなのかもしれません・・・

 

倒した長い棒?をこんな感じにて持ち運べるくらいの大きさに解体・切断していきます。倒し終わった後のこの切断作業には、何か楽しさ?さえ感じてしまいますね、このヒノキ君には申し訳無いのですが・・・

 

最終的に作業が終了した画像がこちら、作業前と比較して頂きたいと思います。中々、この手の作業というものは、その全てをお伝えすることは難しいのですが、何とか無事に高木3本を倒したので、お隣からクレームが入ることは無いと思いますね。

 


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ