• 古い庭石・景石・灯篭などの販売
  • 残土の搬出・処分・販売
  • 造園ローン
  • 植木屋のブログ日記
  • 植木屋 小川貴範
  • リンク
  • 埼玉県知事許可<般-29>第26062号
  • 庭 造園 植木 外構 エクステリア
  • 有限会社豊美園
  • 〒350-2223
  • 埼玉県鶴ヶ島市高倉301番地
  • TEL:049-285-6110
  • FAX:049-286-9110

大木・高木の伐採・移植・剪定

高い杉などの切断作業

大木・高木の伐採・移植・剪定

今回は、あるお宅の裏にあたる部分、本来は、風除けの為に植樹された杉などが、時間の経過により、今度は強風の際に倒れる危険性が出てきました。
これだけの高さ、皆さんには伝わりますでしょうか?

 

早速に弊社特製の、人間が乗車可能のドラム缶を改良したものに乗り込み、12tクレーンでそのドラム缶を吊り上げ作業開始になります。
右の写真は作業途中のもの、この迫力、伝わりますでしょうか?

 

こちらは、12tラフティングクレーン車にて、そのドラム缶に乗り込み作業途中の別 の場所からのもの、左の写真、小さく写るドラム缶がお判りになりますでしょうか?こう見るといかに高い場所での作業ということが御理解頂けると思います。

 

そのクレーン車を使用するとお伝えしたところ、「ちょっと頼みがある・・箪笥(タンス)などの家財道具を隣の建物に吊って移動してくれないか?」とのことでした。そうですね、こういう仕事も大変に重要です、お客様には、やはり喜んで頂きたいですから・・ちょっとだけ引越屋さんに変身?となりました。

 

こちらは、そのドラム缶から撮影した画像、周辺の建物などと比較をして頂ければ、お分りかとは思いますが、やはりこれだけの仕事なると中々、簡単には事は進みませんよね?まずは、その杉の枝をこんな感じで切断していき、最後に幹を段階的に小さくしていきます。

 

そうですね、こちらのお宅にて合計で10数本の杉などを元から切断・撤去させて頂いたでしょうか?
そのうちの1本、こちらはこんな感じで、途中で切断し、クレーン車で吊り上げ、比較的広い場所に移動します。近くで見ると結構、大きいですよね?

 

そのクレーンで吊り上げて地面の降ろした枝葉や幹を大小の各チェーンソーにて細かくしていく作業がこちら、これだけの数になりますと、処分するのも一苦労?になりますでしょうか?枝葉は兎も角、幹に関しては薪にしてこちらのお宅で暖炉に使用するそうです。

 

その切断した枝葉は必要がないので、切断した場所のすぐ脇に写真の様なシートモッコと呼ばれるシートを用意して、そのクレーンで別の搬出し易い場所に移動、トラックやダンプの荷台にその荷物を降ろして最後に弊社の置場にてその枝葉などを処分致します。この作業、効率的だと思いませんか?

 

紹介が前後致しますが、こちらのシーンはその油圧式の薪割り機を家の裏に搬入するシーン、何度もクレーン車の紹介になりますが、今回の仕事がいかにこの空中戦?なのか、理解して頂けると思います。もう1枚の写真も迫力が有りませんか?こちらも小さく切断し、薪割り機で割る予定です。

 

こちらが、その短くした幹の山?そうですよね、これだけの数、何かに利用しなくてはいけないと思いませんか?
ただ単に捨ててしまうのはもったいないですよね?
その薪割り機にて薪を割るシーンがこちら、油圧式ですので、直径が50センチくらいのものでも、簡単に割ることが可能になります。

 

こちらは、別の仕事?のシーン、元々、畑にあった松が枯れてしまい、根だけがこんな感じで残っていますが、どうしても邪魔になるとのことで、重機を持ち込み、この根を撤去することに致しました。人力では、まず無理ですが、油圧の力を借りると凄い!ものの数秒?で作業が完了致しましたね。

 

こちらの写真は比較写真、ビフォー&アフターになりますでしょうか?
こちらは、2連梯子(ハシゴ)にてワイヤーを掛けられるところまで登り、その下のチェーンソーが使い易い場所にて幹を切断し、最後にクレーン車で吊り上げる感じの作業、大きいものがなくなるとすっきりしますよね?

 

さて、一連の作業が終了致しました。一番、最初に掲載したものと比較して頂くといかにすっきりしたかが、お分かり頂けると思います。花粉症などの原因となっていた杉の木、本来は先祖代々のもので、残したかったそうですが、御近所からもちょっと苦情が来ていたそうなので、致し方ありませんよね?

 


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ