• 古い庭石・景石・灯篭などの販売
  • 残土の搬出・処分・販売
  • 造園ローン
  • 植木屋のブログ日記
  • 植木屋 小川貴範
  • リンク
  • 埼玉県知事許可<般-29>第26062号
  • 庭 造園 植木 外構 エクステリア
  • 有限会社豊美園
  • 〒350-2223
  • 埼玉県鶴ヶ島市高倉301番地
  • TEL:049-285-6110
  • FAX:049-286-9110

大木・高木の伐採・移植・剪定

大木の移植

大木・高木の伐採・移植・剪定

440_02_01 ある工場内のシンボルツリーであるヤマモモの移植を今回は行います。
大きさは高さ8m、幅5mでかなり大きいですね。
工場設立時からあるということで、大事にしてくれとの指示がありました。
まずは移植準備としてヤマモモの枝葉をある程度落とします。
これは枝葉と根っこのバランスをある程度整える為で、樹木移植の際は必要不可欠です。
また、しおれ防止の蒸散抑制剤も散布します。
440_02_02
440_02_03 枝おろしが終了しました。枝葉も3トン車1台でましたね。
この様に幅をある程度小さくしないと、実際にはクレーンへの積み込みや移動が困難になります。
次に根元に接地された景石を移動します。これだけで1.5トンの重さがあります。
重たい石ですね、慎重に移動しないと事故のもとですが、そこはベテラン?全く心配はありません。
440_02_04
440_02_05 パワーショベル(ユンボ)で根っこの周りを掘ります。
これもただ掘るのではなく、きちんと測りだして根っこの大きさを決めます。
大きすぎてもダメですし、小さすぎてもダメなんです。
根っこをしっかり固定、また根がこわれない様にしっかり荒縄で巻いていきます。
これが一番、肝心ですね。
根の巻き方もいくつか種類がありますが、今回は四角に巻き上げる方法です。
440_02_06
440_02_07 クレーントラックに無事載せることが出来ました。
木の重さは3トンちかくありました。
やはり、吊り上げる時はいつも緊張しますね。
倒れはしないかとハラハラの連続です。
こちらの写真が無事、うちの敷地内に仮植が済んだものです。
倒れない様、竹で支柱をかけ、幹焼けや寒さに耐えられる様に緑化テープを巻いたところです。
ここで半年間、移動を待ちます。
440_02_08

 


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ