• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

様々な造園業・植木屋の仕事振り

埼玉県狭山市 植木撤去

様々な造園業・植木屋の仕事振り

埼玉県狭山市のある個人邸からのご依頼、今現在、こちらには住んでおらず、気が付いたら庭が、荒れ放題になってしまったとか・・その「荒れ放題の庭を何とかしてくれないか?」とのご要望にお応えさせて頂きたいと思います。

さて、こちらが、その荒れ果てた庭?になる部分・・林?山林?という感じでしょうかね?中々、画像にてお伝えすることが難しいのですが、丸い街灯と、建物の外観を憶えていて欲しいと思います。

こちらに映る、物置も覚えておいて欲しいのですが、早速にこんな感じにて作業を進めて行きますが、荒れた庭を綺麗にする・・というよりは、山林を切り開く・・と言った方が、正解になりますでしょうかね??

作業前と作業途中の画像、鬱蒼(うっそう)としていた感じが、チェーンソーなどを駆使して作業を進めて行くと、段々と明るさを実際に感じることが出来ますね。フェンスの向こうは、元々の林となります。

この様な伐採仕事は、闇雲(やみくも)に事を進めても駄目だと思います、ある程度、計画的に進めませんと、時間が掛かるばかりか、大きなケガにつながることも・・気を付けなければなりません。

さて、この庭に中で、一番に厄介(やっかい)?な代物は、このソメイヨシノ、昔は、綺麗な花を咲かせ、思い出の有る樹だそうですが、近所に迷惑を掛けることを考え、この様に、伐採させて頂いた次第になります。

切り落とした枝や幹などの搬出風景の画像がこちら、クレーン車の荷台に、シートモッコと呼ぶシート状のものを利用して吊り上げて弊社の置場まで移動し、搬出・処分となります。画像は、ごく一部のものになります。

伐採が、ある程度終了した模様、フェンスの向こうが、殆ど見えなかったくらいに覆われておりましたが、ここまで明るく?なりました。その後、ご覧の様に重機(バックホー)を使って根を1つ1つ、掘り上げていきます。

この庭の至るところに、こんな感じにて竹(篠:シノと我々は呼びます)が・・正直、根が深いので、完全に取り除くことは不可能ですが、こんな感じにて、出来るだけ竹(篠)の根っこを取り除かせて頂いた次第になります。

比較画像を掲載したいところですが、作業前の画像、あまりに鬱蒼(うっそう)とし過ぎていたため、ちょっと難しいと判断・・どうでしょう?伐採・抜根作業を進めた結果、随分と綺麗になったと思いますが、如何でしょうか??

次に紹介する作業内容は、画像の様な狭い場所でも使える小型クレーンを駆使して、雨樋(あまどい)の掃除を実施しているシーン、この様な機械を使えば、安全且つよりスムースに作業を進めることが、可能かと思います。

もっと画像を駆使して紹介したいのですが、雨樋(あまどい)の集水器と呼ばれる部分が、こんな感じに詰まっておりました・・植木の根っこでしょうね?取り除いた後は、こんなに綺麗になりました・・・

こちらは、ベランダ部分の竪樋(たてどい)のつなぎ部分もこんな感じ・・植木の根っこ?を綺麗に取り除いてから、水洗いをしてその後、雨漏り防止を目的としたシーリング材を使ってこんな感じに仕上げました。

その他の仕事としては、篠を撤去後、元々に切断していた街灯の電線を、電線管(PF管)を併用して地中に埋め直し、また、雨が降った際に、土がコンクリートに流れてしまうそうで、弊社アウトレット石材?を使って土留め?を製作致しました。

最初の方で、掲載した表側(道路側)の枝降ろし作業のビフォーアフター?の画像がこちら、御近所に御迷惑をお掛けしていた・・とのことで、出来るだけ枝を落させて頂いた次第になります。

さて、角度がちょっと異なりますが、作業前と作業後の模様がこちら、切断したソメイヨシノを使ってテーブル&チェアーとさせて頂きました。思い入れの有るものが、この様なかたちで残り、お客様も喜んでおりました。


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ