• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

様々な造園業・植木屋の仕事振り

コーポラティブハウスの植木

様々な造園業・植木屋の仕事振り

東京都M市にあるコーポラティブハウス

この敷地内に植木(樹木)の植え付けを依頼されました。

ちょっと作業の難しい植え付け場所でしょうか・・・

※「コーポラティブハウス」とは:入居希望者が集まり組合を結成し、その組合が事業主となって、土地取得から設計者や建設業者の手配まで、建設行為の全てを行う集合住宅のこと

 


植木を植える前に、まずは支柱を設置します

この場所は風が当たらない場所なので、大丈夫だとは思いますが、等間隔に丸太を埋め込んで、その丸太に竹を渡していきます。

 


竹を使った支柱を製作後、植木を植えていきます

今回採用したのは、「エレガンテシマ」、かなり大きくなる樹種ですが、大丈夫でしょうか?

ご覧の様に、非常に危険を伴う植込み場所なので、気を付けながらの作業となります。

 


こちらは別の場所

この写真を見るだけでも、「野丁場」ということが、よくわかるのではと思います。数業種の方々が、この現場に出入りしておりますので、作業としてはやり難いです。向こうもそう思っているかとは思いますが・・・

※「野丁場」とは:規模の大きな現場

 


植込み作業を進めて行きますが、これらの画像を見直すだけでも、如何に作業場所が大変かがお分かりいただけるかと思います。

再生砂利が入り、枠に囲まれているところは、コンクリートを打設してアプローチになる予定です。


 

エレガンテシマ植込み完了後の画像がこちら

これだけの本数になりますと、立派?壮観になりますよね?

下側部分には、「ヘデラヘリックス」を植えてみましたが、どうでしょう?

 


 

 

作業の困難な場所、高所作業などは、

造園・植木・外構工事の豊美園(ホービエン)」にお任せください。

クレーン車など作業に最適な装備にてお伺いします。


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ