• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

様々な造園業・植木屋の仕事振り

特養の中庭製作

様々な造園業・植木屋の仕事振り

450_10_01 今回は、ある特別養護老人ホームの中庭の製作の依頼、 ボヤっとした感じの図面しかなく、造園設計の方は任せるとのこと・・
作業を進めながらの設計、デザインとなりました。

 

まずは、中古枕木を使用しての花壇の製作、今回は、ある程度の高さが必要 なので、枕木を縦に使うことに。既存の土が非常に硬く、大変な作業となりました。

 

この枕木、長さが100センチ、結構、重たく、取り扱いが大変・・
また、高さ調整(見た目のバランス)が難しく、非常に苦労しました。

 

450_10_06 こちらのカットは、2階からの模様、作業が、ほぼ完了のシーン、最終的に枕木を40本近く使用しました。中庭は、建物に360度囲まれているので、搬出を考え、この中に残土を入れることになりました。

 

敷地角の部分にちょっとしたスペースの製作、数種類の玉石を 使い、作業開始、まず仮置きをし、一つづつ設置していきます。 刷毛などで洗うとやはり綺麗になりますね。

 

こちらは、違う場所に設置するピンコロを使用した半円形のボーダー と、古瓦を使用した縁を製作途中のシーン、何度も同じことを 言いますが、一つ一つ丁寧なつくりが大切です。

 

木曽石を使用してちょっと長めの花壇を製作してみました。こちらも最初の並べ方が非常に肝心、完成後、良質な黒土を入れ込み、コグマザサを使ってみました。

 

ちょっとブレーク、こちらの舟は弊社の在庫商品ですが、暫く置いたままで、結構、汚れが・・高圧洗浄でここまで綺麗になります。こちらの石材は、寄贈とさせて頂きました。

 

枕木周辺の最終的な仕上げのシーン、周りに黒朴石を囲み、その中に日陰に強いグランドカバー類を選択、花壇の中は、クロチクを使ってみました。

 

450_10_18 先程、紹介の場所以外は六号石灰(白砂利)を使用することに。広い面積なので、持ち込むのも大変です。
良質な防草シートを敷き込んでから、約3立米分、搬入しました。

 

完成しました。
全部を一つでお伝え出来ませんので、部分部分の紹介になります。長方形の敷地の4隅と中程に3箇所、計7箇所をプチ花壇って感じで仕上げてみました。
メインの枕木もいい感じかな?訪れる方に少しでも癒しを感じて頂ければ、と思います。

 


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ