• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

外構・エクステリア

埼玉県坂戸市 植木が絡んだワイヤーメッシュフェンスの撤去

外構・エクステリア

埼玉県坂戸市のあるお宅。

昔からよく公園などに使われていたワイヤーメッシュフェンスに植木が絡んでおりますが、これらを撤去する作業をご紹介いたします。

 

 

 

 

 


早速、フェンス撤去に取り掛かります。

フェンスの下に積まれていたブロックなどを解体した模様がこちらです。

 


解体したコンクリート片は残さず撤去

解体したコンクリートガラや、その他のゴミなどをご覧の様に土嚢袋に詰め込み持ち帰ります。

 


結構な量のコンクリート片

土嚢袋とは別のフレコンバッグ(フレキシブルコンテナバッグ)にまとめて詰め込み、弊社3トンクレーンを使って現場から吊り出します。

 


本題のワイヤーメッシュフェンスの撤去

今回のメイン作業、ワイヤーメッシュフェンスの撤去作業になりますが、フェンスを現場から運び出した後、弊社の置場にてフェンスに絡み付いた蔦(ツタ)系のものを取り除きます。

しっかり分別しないと処分できませんので、植木鋏(ハサミ)を使って少しずつ切り取っていくのですが、ほぼ1日掛かってしまいました。

分別のために、この作業は致し方無いところでしょうか。

 


こちらもしっかり分別

こちらはフレコンバッグ(フレキシブルコンテナバッグ)に詰め込んだコンクリートブロックなどを弊社置場に降ろしているシーンです。

以前から山積みになっていた上に、さらに積み重ねる感じで降ろしますが、このフレコンバッグを使うと作業は楽です。

 


こちらは別日程での作業のものです。

今回頻繁に使われている白い土嚢袋。これは布袋の中に土砂を詰めて用いる土木資材で、適宜、土砂を詰め、袋を縛り、それを積み上げることで、水や土砂の移動を妨げることができることから、水害時の応急対策や土木工事全般に用いられるほか、爆発物の処理、銃弾や砲弾破片を防ぐ遮蔽物としても用いられています。砂を詰める場合には砂嚢(さのう)とも言われます。

今回もこの土嚢袋の中に不要な残土を詰め込み、また、可哀想ですが、邪魔となってしまった植木を重機を使って根ごと撤去したものを搬出・処分します。

 


さらに不要となったものを撤去・搬出します。

撤去対象となった植木などをクレーンを使って吊り上げているシーンがこちら。

細い枝が幾つも生えている植木がナンテンです。こちらは作業画像はありませんが、重機(バックホー)を使って引き抜きました。手作業ではちょっと無理でしょうかね。

 


作業が完了しスッキリ

さて、一連の作業が完成いたしましたが、如何でしょうか?

今回の作業は、大きくなった木が擁壁(ようへき)を押すまでになったことから始まりましたが、我ながら綺麗に仕上がったかと思います。

ブロックの下にある大谷石もうまく再設置させて頂きました。ブロック1つ200円もしないかと思いますが、それを生かすも殺すも扱う人の技量次第になりますよね。今回の作業はうまくいったと自負している次第になります。

 


 

フェンスの撤去、植木の撤去といったお庭の整理や外構工事は、

丸ごと「造園・植木・外構工事の豊美園(ホービエン)」にお任せください。

埼玉県鶴ヶ島市から、埼玉県内はもちろん、東京都内へもお伺いします。


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ