• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

外構・エクステリア

傾斜ルーバータイプフェンス設置

外構・エクステリア

さて、今回にお届けする内容は、東京都板橋区の某所、現在リフォーム中のあるお宅のお隣との境界部分を、「もう少し綺麗にならないか・・」との御要望にて、現地にお伺いさせて頂いたときのものが、こちらになります。

 

玄関に通ずる部分、レンガタイルが貼られているアプローチ部分は、宜しいと思いますし、御影石の敷石とタマリュウの組み合わせも良いのですが、この万年塀を何とかしたい・・隠す?感じになりますでしょうか・・・

 

多段支柱使用(背の高いフェンス)のアルミ製フェンスを使用し、お客様に万年塀を隠すことを提案させて頂き了承を得ましたが、画像の様な傾斜地で、また柱を建て込みたい万年塀ギリギリ部分は、レンガタイルが、所々剥がれている感じ・・・

 

早速に作業開始、多段支柱を設置する部分をこんな感じにくり抜き?ました・・出来るだけ元のイメージを損なわない様、最少?の立て込みになります。アルミフェンスは、傾斜ルーバータイプ(三協アルミさん)を選択させて頂きました。

 

多段支柱を建て込んでいるシーンはこんな感じ・・失礼ですが、狭い?ので作業が大変・・リフォーム業者さんも出入りしますので、出来るだけ邪魔?をしない様に配慮しなければなりません、挨拶などが大事ですよね、お互い様の・・・

 

本来は、駄目?なのですが、前の一方通行の道路を使って傾斜ルーバータイプのフェンスを予め、組み立てているシーンがこちら、何とこのフェンス、傾斜角度40度まで対応が可能、何と言うか、グニャと曲がる感じになりますでしょうか・・・

 

フェンスを1枚1枚組み立てて(全部で6枚分有ります)多段支柱に組んで行く模様がこちらの画像、この画像を見るだけでも、如何に傾斜しているかが、分かるかと思います。今回は高さが2Mですが、この多段支柱、最大で約3Mまで対応が可能だそうです・・・

 

1段目の3枚分を設置後、2段目を取り付けているシーンがこちら、裏になる万年塀が隠れて行く感じでしょうかね?作業を見守っていたお客様から「随分とスタイリッシュになったね!」とのお褒め言葉を掛けて頂いた次第になります。

 

全ての作業が終了致しました・・如何でしょうか?ビフォー&アフターではありませんが、設置前の画像、あえて掲載致しませんが、その違いは言うまでも御座いません、傾斜していることも忘れてしまうくらい、今回はうまくいった?と思いますが、如何でしょうか??

 

画像に映る、オプションの「下桟すき間カバー」の設置が、今回は正解?だった様な気が致します、付ける前の画像は無いのですが、その違いは、相当な威力?を発揮致しました。お客様からも、「今回のリフォームの中でも、一番かな?」有り難いお言葉ですよね、嬉しい限りになります。

 

2017年05月26日掲載


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ