• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

外構・エクステリア

高台の戸建住宅のリガーデン

外構・エクステリア

今回は、ホームページからの仕事の依頼、ご覧の様に、こちらのお宅を購入してから、暫くの間、全く手を付けていなかったとのこと・・
雑草がかなり有り、基盤面がちょっと確認出来ません。下の道路脇の植栽も、リガーデンをしてみたいとのことでした・・

まず、奥に通ずる部分との境をはっきりさせなければなりません。奥の通路の部分は、既存の六号石灰(白砂利)をそのまま生かし、手前の部分には、化粧砂利を搬入する予定になります。
最初は、煉瓦(レンガ)を使用する予定でしたが、今回は、虎色のピンコロ石材を用いることにしました。

次に、先程に紹介した敷地の周りに、ベニカナメを植栽し、囲うことにしました。
まず、最初に簡単な支柱を先に施工しましたが、この地面が硬い、硬い・・ご覧の様に、ハンマードリルと呼ばれる機械を使ってやっと、こんな感じでつくることが出来ました・・ちょっと、時間が掛かりましたかね?

こちらのお宅は、下の道路から玄関まで階段を上がるのですが、庭に出るには、いちいち、裏の通路を廻らなければなりません。そこで、階段の途中に位置する色の付いた部分を取り壊し、ここに、新たに階段を造作することになりました。写真は、エアハンマーを使用しての解体シーンになります。

こちらも同じく、階段造作部分のすぐ脇に位置する、ちょっとしたステップ、こちらも邪魔になるので、解体することになりました。重機械を使用しても中々、破壊す ることが出来ませんでした・・
紹介が遅くなりましたが、こちらがこのお宅の全体の外観、高台にあるのがお分かりだと思います。

玄関前の部分、既存の化粧ブロックにコアドリルと呼ばれるもので穴を開け、反対側のお宅に配慮した、ちょっと洒落た目隠しのフェンスを設置することになりました。
ここは私自身、拘りたい部分、いいデザインの材料を見付けることが出来ました。

こちらも紹介が遅くなりましたが、道路脇の部分、既存の山茶花(サザンカ)を剪定し、雑草を撤去し、防草シートを敷き詰め、最後に化粧砂利を搬入致しました。
ある意味、こちらのお宅で一番、目立つ部分、ちょっと派手目?に仕上げてみました。

物置を設置後、ご覧の様に防草シートを庭全体に敷き詰め、その上に、グリーンの化粧砂利を少しずつ敷いていきます。ちょっと分かり難いかもしれませんが、物置の 基礎の部分、通常はブロックなどを用いますが、今回は見た目重視で御影の石材を使用、また、 この化粧砂利の色も迷ったところになります。

さて、先程に紹介した階段部分の追加造作部分の紹介です。ご覧の様に、ちょっと狭いのですが、うまくまとめることが出来たと思います。これで、わざわざ遠回りをする必要も無くなりました。
2枚目は、裏の道路に通ずる扉、こちらも、今回、新たに新設した部分になります。

さて、断片的で分かり難かったかもしれませんが、一応の作業が終了致しました。
全体が見渡せるシーンを紹介させて頂きます。2枚目の写真、物置の奥の部分になりますが、こういう部分もしっかり仕事をしなければならないと思います。更地からここまで、一貫しての作業の依頼、センスが問われるところになりますでしょうか?


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ