• 古い庭石・景石・灯篭などの販売
  • 残土の搬出・処分・販売
  • 造園ローン
  • 植木屋のブログ日記
  • 植木屋 小川貴範
  • リンク
  • 埼玉県知事許可<般-29>第26062号
  • 庭 造園 植木 外構 エクステリア
  • 有限会社豊美園
  • 〒350-2223
  • 埼玉県鶴ヶ島市高倉301番地
  • TEL:049-285-6110
  • FAX:049-286-9110

外構・エクステリア

小面積インターロッキング

外構・エクステリア

あるお客様から、「敷地内にインターロッキングを敷き詰めて欲しい・・」とのご要望、こちらがお客様の家とその敷地になりますが、その使い易さを増し、また趣味になる畑部分も確保したい・・とのことになります。

 

こちらの画像のエアコンの室外機の下、一部分になりますが、インターロッキングを敷き並べたい・・とのこと、もう一枚になりますが、畑の区分けとしてただ、置いただけのレンガもきちんと設置して欲しい・・とのことになります。

 

まずは、畑部分の境界というか、縁石というか、既存にあった煉瓦(レンガ)をきちんと再設置している画像、この画像から、再設置前と設置後が、如何に違うかが、お解り頂けると思いますが、如何でしょうか?

 

既存の縁石を解体している画像がこちら、この部分が、インターロッキングの一番端の部分になり、その全部を煉瓦(レンガ)にて囲う感じにして欲しい・・とのご要望になります。

 

そのインターロッキングを敷き並べる箇所がこちら、まずはエアコンの室外機を一旦、取外してから基盤面の土を撤去・搬出させて頂きます。この様な感じで、軽のダンプ車を使って2~3台は搬出しましたでしょうかね?

 

残土を搬出後、その場所に再生砕石を持ち込んで、敷き並べてからきちんと機械を使用して転圧している画像がこちら、地震や天災などを考慮しますが、この仕事が一番大事というか、肝心な部分ではないでしょうかね?

 

インターロッキングを敷き並べた画像がこちら、今回に採用?したものは、透水性のインターロッキング、色は3種類使用し、その配置は、お客様からの指示となりました。

 

インターロッキングブロックの下に砂を挿入して、その高さを調節しながら一つ一つ丁寧に、その高さを気にしながら設置している画像がこちら、小面積だからこそ、拘った仕事を進めたいですよね?

 

今回のこの作業において、一番に拘ったというか、気を使ったのがこちら、既存の浸透枡を如何に綺麗に見せるか・・その高さや強度などに配慮をして仕上がった画像がこちら、如何でしょう?綺麗に仕上がったと思いますが・・

 

さて、こちらが作業前と作業後の比較画像になりますが、如何でしょうか?インターロッキングの目地に流すというか、掃き込む珪砂(細かい砂)が白く見えますが、ご勘弁の程を。

 

ちょっと角度が異なりますが、こちらも施工前と施工後の比較画像、奥に設置したインターロッキングが判り難いのですが、ご勘弁を。土剥き出し状態だった部分に葉が細かいヒメ高麗芝を敷き詰めてみました。

 


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ