• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

外構・エクステリア

ベーシックなフェンスの施工

外構・エクステリア

さて、今回は基本的なフェンスの施工、基礎部分のブロック積からの紹介です。丁度仕事が重なり、複数まとめての紹介です。
施工前はこんな感じ、やはり何かで仕切りたいですね。

 

まず、施工前に遣り方(施工部分の正確な測り出し)を行います。木材やこの様にレーザー式の機器を使用し、 寸分の違いもなく進めます。この作業が一番肝心となります。

 

次に、ブロック基礎部分の土の鋤取り(掘り起し) 、重機を使用し少しずつ進めます。ただ、最後は人力、というのは幅と深さの微調節が非常に大事になります。

 

掘り起こした部分に砕石を敷き込みます。
この部分は後々基礎の部分が浮沈み等が無い様、 必要不可欠な作業になります。

 

 

最後に機械を使用し転圧、平ら(滑らか)に均します。 この部分もブロックを積み易い様、しっかりと叩き込みます。

 

いよいよブロック積の開始です。この作業、簡単そうですが、奥がとても深い、写真の様に目地用のモルタルをつくり、一つずつ丁寧に積んでいきます。 特に、このモルタルの調合が難しいんです。

 

ブロック積終了後、フェンスを取付け、更にブロックの頭(天端)の仕上げです。
最近はテープなどもありますが、やはりこの方法が一番です、 手間は掛かりますけどね。

 

完成です。フェンスの色はオーソドックスなブラウン、落ち着いた色目です。今回はお隣同士で共同の設置、フェンスも敷地の中心に来る様、間仕切タイプを使用しました。
やはり、外構(エクステリア)は重要ですね。

 


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ