• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

お知らせ

東京都街路樹 スズカケ すずかけの木伐採です。

お知らせ

さて、本日にお届けする内容は、東京都足立区のある場所、電気関係の作業の都合上、可哀相ですが、すずかけ スズカケの木を伐採・撤去・処分することになりました・・作業開始前の画像がこちら、警備員さんや注意を喚起する看板など、その装備だけで、結構な内容?になるかと思います・・・

早速に作業の開始、当初は、高所作業車を駆使して伐採作業を進めさせて頂く予定でしたが、道路の幅が狭く、「その安全上、使用するのは好ましくない・・」とのことで、直接に対象樹木によじ登り、上の方から少しずつ、切断して行く・・という作業内容に変わりました。

左側の画像、人間がよじ登って作業しているのが、分かりますでしょうかね?右の画像を見れば、何となく分かって頂けるかと思いますが、手鋸(のこぎり)の長いものや、小型のチェーンソーなどを駆使して、上から少しずつ、枝葉や幹などを落として行きます・・・

ここで、大事なことは、お分かりになりますでしょうかね?命綱、所謂、安全帯(あんぜんたい)を必ず、使用するということになります。ヘルメット(安全帽)使用も、言うまでもありませんが、公共以外の仕事など、未だに使用していない業者さんが多いですね・・

このスズカケ すずかけの木ですが、「プラタナス」と呼ばれることが多いのですが、日本に見掛けるものは、「モミジバスズカケノキ」の方が多いとのこと・・また、かなり大きくなる樹種ですので、街路樹は兎も角、庭木としては如何なものでしょうかね??

樹高は約10~30メートルに達し、ご覧の様に樹皮が、斑に剥げる特徴を持つそうです。葉は大きく、カエデに似ていていますでしょうか?また、夏過ぎくらいに剪定作業をすると、葉の裏に白い粉?みたいなものが発生し、場合に依り、喘息?みたいになってしまいます・・・

手前に青いトラック(ダンプ)が有りますが、そのダンプと比較をして、対象となる、この街路樹が、かなり小さくなってきた・・ということが、お分かりになるかと思います・・上の乗っているときより、かえって危ないのですね、地面に近い分、緊張感が無くなるのでしょうか・・・

さて、無事に作業が終了となりましたが、如何でしょうか?大きさというか、幹の太さは、こんな感じになるかと思います、ご覧の様に、対象物のすぐ脇にトラックを置いて、伐採した枝葉や幹を、その荷台に投げ込んだ感じの作業になりました・・・

作業終了後、産業廃棄物中間処理施設に、伐採させて頂いた枝葉や幹などを持ち込んだ画像がこちら、事前に調べておきました・・すぐ近くに有って、有り難いですね・・こういうときには、やはりダンプ車の方が、楽になりますでしょうかね??


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ