• 庭木のお手入れ 豊美園の剪定

お知らせ

千葉県流山市街路樹撤去等 税抜50万円

お知らせ

さて、今回に紹介する作業内容は、千葉県流山市の、ある郵便局のすぐ隣のご覧の様な歩道部分、街路樹を撤去する工事を依頼された模様をお伝えしたいかと思います。今回の対象物は「マテバシイ」になるかと思います。

 

こちらは、その撤去する予定の樹木の根周辺の画像、枯れてしまって、新たに植えられているものを見ますと、すぐに抜けそうな気がしますが、育ったものは、そうはいかない太さというか逞しさ?になるかと思います・・・

 

早速に作業開始、チェーンソーなどの備品(刃などは消耗品になりますね・・)を用意して切断作業を進めます。2トンダンプの荷台をスライドさせ、荷物を載せ易くして枝葉や幹などを順次、積載していきます。

 

時には、直接に対象物(樹木)に乗り込んで、また、すぐ隣に有るコンクリート製の塀をうまく利用させて頂き、切断作業を進めます・・速さが問われる仕事内容、こんな感じにて、枝葉や幹屑を2トンダンプに満載?に積み込みました・・・

 

さて、こちらは根元に設置してあったツリーサークルと呼ばれる鋳物?製のもの、これらも搬出・処分なのですが、一時的に郵便局敷地内に保管することになりました。こういう作業には、クレーン車を使うと便利?になりますね!!

こちらは、その郵便局の裏口入口部分のもの、同じくマテバシイ、こちらは樹木維持・管理(剪定)作業を実施しました。こんな感じで作業を進め、発生した枝葉や幹屑は、こんな感じでクレーン車で吊り上げて搬出・処分と相成りました。

 

次に、ちょっと分かり難いのですが、自重が約2トン有る弊社重機(バックホー)を用意して、その

油圧の力(威力)を使って、マテバシイの根っこを引き抜こう(堀上げよう)という作業の紹介、大きさでいうと縦約70センチ、横約120センチくらいでしょうか?

 

弊社バックホーを用意して、その油圧の力を借りて、スイスイ?と作業を進める予定でしたが、そうはいきませんでした・・周りを囲う地先ブロックや、アスファルトを壊してしまうと元も子もありません・・チェーンソーを使って少しずつ、切り、その後に引っ張る?作業となりました。

 

さて、次に先程のバックホーを使って再生砕石をその花壇?の中に、こんな感じにて入れて、その後にプレートと呼ばれる機械を使って、こんな感じにて、しっかりと転圧し、最後にアスファルトを打設する準備を施します。

 

アスファルトを打設する準備、汚れない様に、縁を石灰を溶かしたものを塗り、荷台は軽油を塗りました・・約1時間掛かるアスファルトプラントまで合材を引き取りに行き、こんな感じで、合材を積み込みました・・・

引き取って来たアスファルト合材を、バックホーのバケットを使って、こんな感じで箱?の中に入れてからレーキを使って均し、その後にプレートを使って転圧・・というのが、一連の作業の流れになるかと思います、写真だけでも分かりますが・・税込みで¥540,000、-でした。

 

作業が終了しました。結局、使わなかった乳剤噴霧機の写真も載せておきます。最終的に引き取って来たものの数々、根っこなどは、破砕処分をするのですが、鋳物製?のツリーサークルは、もったいないので、再利用出来ないものでしょうか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ご相談、お問い合わせは豊美園までお気軽にどうぞ