記事一覧

古い灯篭の引き取り作業です。5

アップロードファイル 1694-1.jpg アップロードファイル 1694-2.jpg アップロードファイル 1694-3.jpg

「火袋」の次が「中台」と呼ばれるもの、燈篭というものは、地震などの災害時に転倒しない様、バランスを考えたものだと教えられましたが、「中台」の次に映るのが「竿」と呼ばれる部材、この丸い部分が四角いものに変われば随分良い(丸よりは四角の方が転倒し難い)と知り合いの横浜石材マイスターの方に聞いたことが御座います・・・

古い灯篭の引き取り作業です。4

アップロードファイル 1693-1.jpg アップロードファイル 1693-2.jpg アップロードファイル 1693-3.jpg

灯籠を構成する部材(パーツ)ですが、上から「宝珠」、「笠」、「火袋」・・画像はその「火袋」を吊り上げているものになります。ワイヤーなどを使えば、燈篭本体にキズが付くのが必至?になりますので、ご覧の様なベルトスリングと呼ばれる特殊な吊具の帯を使ってクレーン車の荷台に移動致します・・・

古い灯篭の引き取り作業です。3

アップロードファイル 1692-1.jpg アップロードファイル 1692-2.jpg

さて、次は燈篭の番、こちらの燈籠は『泰平型灯籠』だと思いますが・・灯籠にも幾つかの形や種類が御座いますが、灯籠の基本となる『春日型灯籠』の本歌(オリジナル)は奈良県の春日大社 http://www.kasugataisha.or.jp/ によく似ているものがあり、現在の春日型をつくる時の見本になったのではないかと言われていますが、構成は6つのパーツから成り立っており、それらを順番に吊り上げていきます。

古い灯篭の引き取り作業です。2

アップロードファイル 1691-1.jpg アップロードファイル 1691-2.jpg アップロードファイル 1691-3.jpg

さて、まずは層塔(層塔とは、三重塔・五重塔というように、木造も石造も同じ意味の仏塔として作られたもので、同じ階(屋根・笠)を何重(層)に重ね屋根の上に相輪を立てたもの)をクレーンにて吊り上げて荷台に移す作業、昨日分の画像を参照頂きたいのですが、層塔の下に有った石が一番重たかったでしょうか?層塔自体は、幾つかのパーツに分けてしまえば
そんなには重たくはありません・・ http://www.houbien.jp/stone/index.html

古い灯篭の引き取り作業です。

アップロードファイル 1690-1.jpg アップロードファイル 1690-2.jpg

本日にお伝えする内容は、東京都八王子市在住のある方からの問い合わせ&依頼、お父様が大事にされていた灯篭や層塔を引き取ってくれないか・・とのご要望になります。本来は、現地に一度赴き、その詳細などを確認してからの仕事の承諾・・となるのですが、中々に現地に行く暇?が無かったので、お客様から画像を数枚提供して頂き、ぶっつけ本番?では御座いませんが、引き取りに出掛けた次第になります・・宜しければ、こちらもご覧下さい。 http://www.houbien.jp/stone/index.html

和風な石材の引き取りです。

アップロードファイル 1689-1.jpg アップロードファイル 1689-2.jpg アップロードファイル 1689-3.jpg

さて、今回の1回限りにてお届けする内容になりますが、埼玉県I市のあるお客様からの依頼で、「庭に転がっている庭石を引き取ってくれないか・・」とのご要望、本来は、弊社の若い従業員が引き取りに伺う予定でしたが、残念ながら先方の予定とこちらの予定が合わず、街の便利屋さん http://bastar9.com/pc/index.php に依頼をして弊社まで、その石材を運び込んだ画像がこちら、その便利屋さんの従業員に聞くと「結構、重たいので、腰に気を付けないと・・」と漏らしておりました。仕事とはいえ怪我をしてしまったら問題です、我々も気を付けなければなりません・・宜しければ、こちらもご覧下さい。 http://www.houbien.jp/stone/index.html

空き家の庭片付け作業です。7

アップロードファイル 1650-1.jpg アップロードファイル 1650-2.jpg アップロードファイル 1650-3.jpg

本来は、石材などのみ搬出してくれないか・・とのご要望だったのですが、まだ荷物が載せられる・・と伝えたところ、ガレージに有る廃棄物?(まだまだ使えるものが多数有ります)の搬出・処分も依頼されました。片付けた後の画像になりますが、このガレージ一杯に物が有りました・・3枚目は石材の一部になりますが、弊社の圃場に降ろしたシーンになります。