記事一覧

管理者が好きなアーティスト達です。3

アップロードファイル 1714-1.jpg アップロードファイル 1714-2.jpg

1964年、イギリス本国とアメリカ国内に於けるビートルズの過熱ぶりを目の当たりにしたスクリーン・ジェムス・コロンビアのバート・シュナイダーとボブ・ラフェルソンはアメリカ国内でスターグループを生み出そうと、ある番組を制作することを思い付きます。1965年9月8日、カリフォルニア州ロサンゼルスで音楽業界紙「デイリー・ヴァラエティ」に掲載されたオーディション広告に集まった若者約400人からデイヴィー・ジョーンズ、マイク・ネスミス、ピーター・トーク、ミッキー・ドレンツが選出されます。選出当時、マイク・ネスミスはマイケル・ブレッシング名義でカントリー・ミュージシャンとしてソロ活動、デイヴィー・ジョーンズはイギリス、マンチェスター出身の舞台俳優、歌手(ビートルズが『エド・サリヴァン・ショー』に初登場した回には番組に端役として出演していたそうです)、かつてミッキー・ブラドックという名前で子役スターとして活躍していたミッキー・ドレンツは大学生、ピーター・トークはグリニッジ・ヴィレッジでインディーズ活動をしていたそうです。 選考は非常に難航し、最終的にオーディションの合格者が決まったのはTVシリーズのパイロット版制作に入るぎりぎりのデッド・ラインである1966年1月でありました。1966年8月、デビュー曲「恋の終列車(Last Train to Clarksville)」をリリースし、同年9月12日、NBC系列で『ザ・モンキーズ・ショー』が始まります。翌10月に発売されたデビューアルバム『恋の終列車(The Monkees)』はテレビとの相乗効果により500万枚を売上げるヒットとなり、ここから4人はレコーディングとTVシリーズの撮影に追われる日々となるそうです。1967年1月『アイム・ア・ビリーバー(More Of The Monkees)』をリリース、この頃から制作者サイドとメンバー間の軋轢が目立つようになるそうで、当初2作目以降はメンバー自身もアルバム制作に関われるという話であったそうですが、モンキーズの音楽部門の責任者であるドン・カーシュナーはこれを一切認めず、ファーストアルバムまでの時点に収録が終わっていながら未発表になっていた、自分の音楽出版社所属の楽曲を使用しスタジオミュージシャンのバッキングトラックにボーカルを乗せた音源を使用して制作したアルバムをメンバーの知らないうちに発売し、更にカーシュナーはニール・ダイアモンド(Neil Diamond)の提供曲「恋はちょっぴり(A Little Bit me,A little Bit you)」を3枚目のシングルとして発売することにしていたが、B面に使用する曲を当初予定していたマイク作詞作曲の「どこかで知った娘(The girl I knew somewhere)」ではなくジェフ・バリー(Jeff Barry)の手による「シー・ハングズ・アウト(She hangs out)」に無断で差し替えて発表、この暴挙にマイクが激怒、当初どおりの「恋はちょっぴり/どこかで知った娘」のシングル盤を独自に制作、「これこそが本物のサード・シングルだ」として記者会見を開くという、マスコミを巻き込んだクーデターを決行するそうです。 その結果ドン・カーシュナーは更迭、彼が発表しようとしたシングルは業界関係者に配られたサンプル盤の段階で全て回収され、マイクの主張した盤が正式な3枚目のシングルとして発売されるそうで、このサンプル盤はその後「幻のシングル」としてコレクターズ・アイテムとなり、高値が付けられているそうです。 カーシュナーを追い出したマイクは、代わりに当時「ハッピー・トゥギャザー」のヒットを飛ばしたタートルズのチップ・ダグラス(Chip Douglas)(当時はDouglas Farthing Hatlelid名義)をプロデューサーに迎え3作目の『灰色の影(Headquarters)』を1967年5月にリリースしました。

アップロードファイル 1714-3.jpg アップロードファイル 1714-4.jpg

前2作と違いチップ・ダグラスとメンバー自身によるプロデュース、楽曲も自分たちの選曲と自作曲を収録、演奏もホーン・セクションを除いては全て自分自身で行ったこのアルバムはテクニックが稚拙なためにガレージパンクのような荒さがあり、レコーディング中のお遊び等も収められ当時4人の等身大の作品に仕上がるが、売り上げは前作を若干下回りました。このアルバムの次にチャート・トップに立ったのは、ビートルズの『サージェント・ペパー』。その後撮影、レコーディング、ツアー等の時間的な制約から演奏はスタジオミュージシャンを使用する方法に戻ってしまったそうです。1967年4月頃からカナダ、全米ツアーをスタートさせますが、メンバーはその合間にレコーディング、TV撮影という殺人的なスケジュールをこなします。尚。この67年8月のライブレコーディングが20年後の1987年に『Live 1967』としてリリースされました。1967年11月、『スター・コレクター(Pisces,Aquarius,Capricorn & Jones Ltd)』をリリース、1968年3月TVシリーズ終了・・その直後の4月に『小鳥と蜂とモンキーズ(The Birds,The Bees and The Monkees)』がリリースされました。この作品と前作の『スター・コレクター』でモンキーズは作品的にひとつの頂点を極めましたが、前作ほどのわかりやすさはなく、直後にTVシリーズが終了したこともあり売上げは前作の『スター・コレクター』に及ばなかったそうです。尚、モンキーズのアルバムで初めてアルバムチャートの1位を逃した作品でもあります。また1968年2月から5月まで映画『HEAD』の撮影が行われました。「これまでに作り上げたアイドルしてのモンキーズをぶち壊す」というボブ・ラフェルソンの意図により、出来上がった作品は細切れのシーンをつなげたパッチワークのような難解な作品となり、同年11月に公開されたが興行的には失敗に終わります・・この作品の脚本はジャック・ニコルソンが手がけ、デニス・ホッパーが出演しております。1968年9月から10月にかけて太平洋ツアー開始、9月中オーストラリアで7公演後、来日します。羽田空港にファンの少女達が殺到し大騒ぎになり、1968年10月3日、4日、日本武道館、10月5日、京都会館、10月7日、8日大阪フェスティバルホールにて公演を行いました。なお、武道館公演の模様は当時日本で放送されていたモンキーズ・ショーの特別版として放送されました(この回はマスターが紛失しその後の再放送では放送されていないそうです)。太平洋ツアーの後、1968年11月に放送されたNBCのスペシャル番組『33 1/3レボリューションズ・パー・モンキー』の出演後、ピーター・トークがグループを脱退し、その後モンキーズは3人で活動を行います。1969年2月、ピーター・トーク在籍時に録音済みだった未発表曲の寄せ集め的なアルバム『インスタント・リプレイ(Instant Replay)』をリリース、この時点でTVシリーズが終わってからほぼ1年が経っており、その後CBS、ABCでTVシリーズの再放送はされておりましたが、アルバムチャートは最高32位止まり・・このあとも3人でのツアー及びTVでのゲスト出演、レコーディングをこなして行き、1969年10月、マイク・ネスミスが得意とするカントリー色の強いアルバム『プレゼント(Present)』をリリースするものの前作よりも更にセールスは悪化、この作品が3人での最後の作品となり、マイク・ネスミスは莫大な違約金を払ってモンキーズを脱退しファースト・ナショナル・バンドを結成しソロ活動へと移るそうです。現在ではマイク・ネスミスはグラム・パーソンズらと並んでカントリー・ロックのパイオニアとしての評価が定着しております。1970年6月『チェンジズ(Changes)』をリリースするも話題にすらならず、この頃はパートリッジ・ファミリーやボビー・シャーマンといった新たなるアイドルが躍進中で既にモンキーズは過去の存在と化していき、最終的にミッキー・ドレンツとデイヴィー・ジョーンズの2人だけになってしまったモンキーズ最後のアルバムとなり、この発表と機をほぼ同じくしてモンキーズは解散となります・・・

管理者の好きなTVヒーローです。42

アップロードファイル 1688-1.jpg アップロードファイル 1688-2.jpg

昨日に引き続き、TVヒーローの紹介、本日は『新造人間キャシャーン』、ある文献からの引用となります。テレビアニメ版は、1973年10月2日から1974年6月25日まで、フジテレビ系で毎週火曜日19時00分 - 19時30分に、全38回(35話+再放送3話)にわたり放送されました。オイルショックによるスポンサーの宣伝費の削減や、メインスポンサーの文具メーカーの倒産などが原因で、当初の予定よりも短い9か月(3クール)で放送が打ち切られることになり、終盤はやや性急な展開になってしまいました・・しかし、タツノコプロ特有の劇画タッチのキャラクターと、主人公の悲劇性、きわめてシリアスなストーリーを持つ本作品は、テレビアニメの放映終了から約40年も経った今でも根強い人気と支持を集め、最終回のラストシーンは希望と共に皮肉な笑いを持つものとして知られるそうです。同社作品『科学忍者隊ガッチャマン』に続くSFヒーローものとして企画され、当初はガッチャマンの後番組として日曜日18時の枠で放映される予定だったそうですが、ガッチャマンが大人気を博し、放映期間が予定よりさらに1年間延長されることになったため、同時並行で別の放送枠で放映されることになったそうです。尚、コロムビアミュージックエンタテインメントから発売されていたDVD-BOXの解説書には、予算的な事情から最低限度の作画枚数を確保するために、従来は35mmフィルムでの撮影が当然だったのに対し、本作は16mmフィルムでの撮影を選択したという、制作スタッフの証言も掲載されておりました。本作の仮タイトルは『ネオロイダー』だったが、読売広告社のある専務のアイデアで『新造人間キャシャーン』となったそうです。企画書では「未来への財宝(キャッシュ)を捜す者」という意味を込めてキャシャーンと名付けられましたが、監督の笹川ひろしは、これをガラスが割れた音と捉え、ガラスが割れて二度と元に戻れないことを意味すると解釈、人間に戻れなくなった主人公像を重ね合わせました。また、当初の企画では、主人公・東鉄也の名前は「南譲次(みなみ・じょうじ)」になる予定でしたが、『ガッチャマン』の登場人物に「南部博士」がおり、「南」を使いすぎるとの理由で変更されました。なお、「南譲次」の名前はその後、漢字表記を「南城二」に変えて『宇宙の騎士テッカマン』の主人公の名前に転用されたそうです。

アップロードファイル 1688-3.jpg アップロードファイル 1688-4.jpg

放映が決まったフジテレビ火曜日午後7時の時間帯は当時『樫の木モック』、『けろっこデメタン』と続くタツノコメルヘン路線が敷かれていた枠であるそうで、そのため本作にもその影響が残っており、企画書においてもメルヘン性を盛り込むことが謳われているそうです。舞台は明確な国籍は設定されていないものの、北欧がイメージされて背景美術が描かれ、古城や宮殿、石畳の歩道が登場する中を主人公が流浪しまた、主人公がいつかは人間に戻ることを望むというピノキオとも通じる要素を持ち、母親が白鳥に姿を変えるというファンタジー色を持つのも一つの特徴であり、その一方で重厚なドラマとハードなアクションが魅力となっております。同時期のヒーロー番組では、毎回個性ある敵(怪獣、怪人、ロボット等)が登場し、その能力と任務・作戦を打ち破り阻止するヒーローの戦いがストーリー展開の軸となっておりましたが、本作では毎回共通して登場する数種類の量産型の戦闘用ロボットが攻撃の主体であるという、当時としては画期的な演出を行っております。これにより、「ロボット軍団」にふさわしい無機質な不気味さを表現するのに成功していると同時に、ロボットが没個性的な分、ロボットの攻勢にさらされる人間側の生き様、また作品の前半部分は人間として民衆のヒーロー的な声援を受けていましたが、後半ではアンドロ軍団により民衆の前で機械の身体であることを暴かれ、それ以降は民衆からも虐げられるようになったキャシャーン自身の内面の葛藤が描かれました。これらのことはガッチャマンが集団にて敵に立ち向かうヒーローなのに対し、キャシャーンは人間側を助けるヒーローでありながら人間側からも支持を得られない孤独のヒーローとして涙を誘い、結果として、現在でも評価の高い人間ドラマを生み出すこととなったそうです。反面、毎回目新しく個性ある敵ロボットの登場がなかったことで、とりわけ低年齢層の視聴者にはややとっつきにくい印象を与えたことも否めませんが、途中からは不死身と称する「人間」キャシャーン対策に特化したロボットが登場するようになってきます。本作を監督したのは、これまでギャグものを多く手がけて来て、前番組『けろっこデメタン』を担当していた笹川ひろし氏であり、本格的なSFアクションものはこれが初めてという笹川は、ターザン映画をイメージして、主人公のアクションを描いたそうです。ロボット犬フレンダーは、笹川が漫画家時代に「少年キング」に連載した漫画『魔犬五郎』から引用したもので、フレンダーの遠吠えは音響効果のあるスタッフ自らが演じたものにエコーをかけたものですが、この遠吠えもターザンの雄叫びを意識したものであるそうです。オープニングテーマの「たたかえ!キャシャーン」が懐かしいですね、you tubeを検索してみましょうか??

管理者の好きなTVヒーローです。41

アップロードファイル 1687-1.jpg アップロードファイル 1687-2.jpg アップロードファイル 1687-3.jpg

さて、その『侍ジャイアンツ』をアップさせて頂きましたが、肝心なもの、『巨人の星』を掲載しておりませんでした・・ある文献から転用させて頂き、アップさせて頂きます。『巨人の星』は、作:梶原一騎、画:川崎のぼるによる漫画作品『巨人の星』を原作としたアニメ作品であります。『巨人の星』は1968年3月30日 - 1971年9月18日、毎週土曜日の19時00分から19時30分までの30分のTVアニメ番組としてよみうりテレビ制作・日本テレビ系列で全国放送されました。アニメーション制作は東京ムービー(現:トムス・エンタテインメント)になります。『巨人の星』の放送開始に当たって、まずTBSにアニメ化の話が持ち込まれますが、交渉は不調に終わり、続いて日本テレビ、フジテレビと続けて企画を持ち込むものの、いずれも話が纏まらずアニメ化は暗礁に乗り上げるそうです・・そして最後に回ってきたのが、よみうりテレビであり、ここで漸くアニメ化が実現するに至るそうです。アニメ版は、原作の構図や表現方法をほぼ忠実に再現しておりますが、アニメ版独自のストーリーやダイナミックな表現方法もふんだんに盛り込まれたそうで、特に大リーグボール3号については、花形が専用のピッチングマシンを作らせ、攻略しようとしたものの、マシンがその力に耐え切れず爆発してしまう描写や、飛雄馬が大リーグボール3号を投げた後にあまりの激痛でうずくまり、医者に見せた所、無理な筋肉の酷使により危険な状態になるという描写など、大リーグボール3号がいかに危険な投法なのかを、原作以上に解説しております。この他、戦争や後楽園球場のシーンでは、実写映像が使われていたことがあるそうです。

アップロードファイル 1687-4.jpg アップロードファイル 1687-5.jpg

『巨人の星』の再放送第10話「日本一の日雇人夫」は、DVDでは「日本一の父 一徹」に改題されているそうで、これは「日雇い人夫」が工事現場の人に対しての業界差別用語に当たるためであるそうで、その他の回の一徹の回想シーンや『新・巨人の星』と『新・巨人の星 II』などでも時々声が消されているシーンがありますが、これも台詞で「日雇い人夫」と言った所を取り除いたためであるそうです。当時は社会問題となり、読売テレビと東京ムービー、キョクイチの3社が相談し、発言を消す方針を取ったそうです。その「日雇い人夫」は現在は差別用語とは解釈されませんが、再燃させないために現在も消されているそうです。ビデオ・LDシリーズでも「日雇い人夫」と言っている部分の声が無音となり消されていたそうですが、作品として成り立たなくなった(不自然な表現)などのこともあり、DVDでは「差別用語等使ってはいるが、原作者が差別を助長している意図がない」との断りが全DVDの最初に表示された上で復活しております。2010年10月から行われている再放送では、上述の「日雇い人夫」の表現が含まれる第10話の放送冒頭に「作品中に、放送には不適切な差別的表現が含まれます」「一部の修正・削除をのぞき、作品性を尊重しそのまま放送しています」との断り書きを表示し、その上で「僕の父は日本一の日雇い人夫です」という飛雄馬のセリフはカットされずに放送されたそうですが、他のエピソードにおいては特に断り書きは表示せずに、一部のセリフが無音処理されております。『巨人の星』は非常に人気が高く、何度も再放送されましたが、上記にあるように現在では差別用語や放送禁止用語に当たる言葉の部分については、再放送時には無音処理されており、札幌テレビによる北海道での再放送では、決まってスポンサーが『よつ葉乳業』だったそうですが、その際に飛雄馬役の古谷徹や製作元に依頼して「牧場をバックに飛雄馬が牛乳を一杯飲む」などの内容の独自のCMを展開していたそうです。このアニメ版の最終回では当初、飛雄馬は最後の一球を投げたあとマウンド上で死亡する予定であり、一徹が飛雄馬の墓前で土をかけて泣く、というものだったそうで、そのシナリオも完成し、絵コンテの制作作業も開始されていたそうです・・だが、よみうりテレビ東京支社の営業の最高責任者が、その悲劇的な結末を知って激怒し、「主人公の飛雄馬が死んでもうて、なんで『巨人の星』なんや!?」と猛反対しました・・プロデューサー以下の制作スタッフがどんなに説得しても、飛雄馬を殺すことを頑として承知しなかったそうで、結局に最終回のシナリオを一から書き直すことになり、飛雄馬は死なないことになったそうです・・いずれにしても、小さい頃に再放送を見て育った私・・『消える魔球』は野球盤にもなりましたね・・・

管理者の好きなTVヒーローです。40

アップロードファイル 1686-1.jpg アップロードファイル 1686-2.jpg

さて、こちらのアニメ作品も懐かしいですよね?『侍ジャイアンツ』は、原作:梶原一騎、作画:井上コオによる日本のスポ根野球漫画作品で、『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、1971年8月3日号より1974年10月14日号まで連載されました。単行本はジャンプ・コミックス全16巻、梶原一騎傑作全集全12巻、講談社漫画文庫全8巻、梶原一騎原作漫画傑作選全8巻になります。テレビアニメ化されて、1973年10月7日から1974年9月29日まで、毎週日曜日19:30-20:00によみうりテレビの制作により日本テレビ系列で放映されました。初回放送時は全46話のあと、サブタイトルを変えた再放送2話を加えた全48回になります。1990年代に入ってから、井上コオ氏の単独名義で、読み切り番外編『よみがえれ侍』、実用漫画『バイト侍』『生活侍』が発表され、2007年には高尾より、『CR侍ジャイアンツ』としてパチンコになりました。通称「サムライ」の剛速球投手・番場蛮が、巨人に入団し、魔球を駆使してライバルたちと対決していく野球漫画であります。企画から連載まで『巨人の星』と同じ原作者による巨人V9時代の作品で、『巨人の星』の終了から約半年後に連載を開始し、アニメ化を前提とした企画であったそうです。当時の『週刊少年ジャンプ』は読売ジャイアンツと独占契約を結んでおり、長島茂雄や王貞治など実在の野球選手が多く登場したことが特徴であり、 連載3年目では人気が低迷し打ち切りとなる寸前であったそうですが、アニメ化決定後に人気が再上昇し打ち切り回避となったそうです。作画を担当した井上コオ氏は、望月三起也氏のアシスタントだった新人であり、読み切りでデビューはしていましたが、本作が初の連載デビューとなり、事実上のヒット作品はこれ1作であるそうです。作品内容は、さまざまな魔球の開発と攻略がストーリーの主軸となり、「ハイジャンプ魔球」、「大回転魔球」など、実際の野球ルールではボークとなるような荒唐無稽な魔球が多く、アニメ放映当時の男子小学生は、分身魔球は軟式テニスのボールで「再現」するなどして、これらの魔球投法の真似をして遊んでおりました(私もその1人でありました・・)。 『巨人の星』よりコミカルなシーンが若干多めで、比較的明るい雰囲気の作品になっている一方、負傷・流血・超人的跳躍などの、派手で過激な演出も多い・・主人公・番場蛮の相棒となる二軍選手・八幡太郎平との厚い友情も、物語全編を通して描かれ、主人公の通り名がサムライであることに関連して、「ハラキリ(切腹)」「斬る」等といった単語が台詞に多用されました。

アップロードファイル 1686-3.jpg アップロードファイル 1686-4.jpg

同じ原作者による同時期の巨人漫画として、『巨人の星』とは頻繁に比較され、星飛雄馬が求道的で真面目な性格だったの対して、本作の主人公の番場蛮は豪放磊落かつ激情家で巨人に反発・・紆余曲折ののち巨人に入団して以降は、『巨人の星』をなぞるような魔球対決のストーリーとなっていきます。漫画版の結末は、セ・リーグの天王山の対中日戦、番場蛮が魔球の投げ過ぎのため、ライバル大砲万作を打ち取ったと同時にマウンド上で立ったまま絶命するというものでありました・・従来のスポ根漫画では、選手生命が断たれることはあっても命を失うことはありませんでしたが、本作によって梶原一騎氏は野球漫画から遂に死者を出してしまいました・・この結末については、優勝に導けなかった侍が死をもって責任を取るという見方などがあり、死をもって終えたことは読者にインパクトを残し、アニメ化も相まって長く語られる人気作品となったそうです。その「あらすじ」は昭和45年度シーズンオフ、巨人監督・川上哲治は、野性味がありスケールのでかい豪傑肌、いわばサムライが巨人に必要と考え、無名の選手・番場蛮を入団させる。入団早々、型破りな言動で周囲を騒然とさせる蛮だったが、その真意は、自分を丸ごと受け入れてくれた巨人への愛であった。「ホレたら、そこが男の死に場所よ!」。蛮は、眉月、ウルフ、大砲といったライバルたちと、球場をサムライの合戦場にかえるような死闘を繰り広げていく・・本当に懐かしいですよね?私は「巨人の星」よりも、この「侍ジャイアンツ」が好きですが、皆さんは如何でしょうか???

街で見掛けたいい感じ?の風景です。66

アップロードファイル 1638-2.jpg

アップロードファイル 1638-1.jpg

所沢から清瀬に抜ける小金井街道、いつも渋滞が発生する道なのですが、その踏み切りの手前、駐車時に横を見ると、ちょっと感じが宜しいシーンが・・思わずカメラを取り出し、撮影を試みてみました。マンションの1階部分にあたると思いますが、縁を飾る御影のピンコロ石や、その中の和風な感じの丸い石、ガラスブロックやタイルの色遣いも宜しい感じですよね?見習いたい作品?になると思います。

パワーウィンドーモーターの交換です。3

アップロードファイル 1637-2.jpg

アップロードファイル 1637-1.jpg

今回は、作業に夢中?になり、あまり撮影をしなかったので、今回でこのシリーズ?は終了になりますが、無事にパワーウィンドーが稼動するようになりました。一番最初に掲載した画像みたいに、ガラスを固定するために、ガムテープ攻撃?は解除されましたが、金額は安価に済んだのですが、このガムテープで過ごす日々が暫く続き、恥ずかしかったので、どちらが得か?というのは、ちょっと分からないですよね??

パワーウィンドーモーターの交換です。2

アップロードファイル 1636-1.jpg アップロードファイル 1636-2.jpg

最初は、錆びているスイッチに原因が有る・・と確信した私になりますが、過去の経験から、何かテスト出来る方法は無いか・・と模索したところ、別の仕事で、レンタルのトラックを借りる機会が有り、よく見ると全く同じもの・・早速に試してみたところ、スイッチではなくモーター不良が判明・・金額を照会・・かなり高価なもので、インターネットオークションで検索したところ、画像2枚目の様に、レギュレーター付きですが、かなり安価にゲットすることが出来ました。