記事一覧

THE BEATLES 40

アップロードファイル 784-1.jpg

このシリーズも超久し振りになりますでしょうか?今回にお届けする内容は、1964年初頭(私が生まれる前ですね)にビートルズがビルボードチャート#1を7週連続で獲得(邦題:「抱きしめたい」は、結局にその年のビルボードチャート年間#1も獲得しております)、この時のレコードレーベルは「キャピタルレコード」(アメリカではメジャーなレーベルになります)でしたが、その前の年に既にマイナーレーベルから全米でデビューを果たしていました。そのvee-jayレーベルでのレコードをここにご紹介させて頂きたいと思います。4枚あるうちの左下が全米でのデビューアルバムになります。

アップロードファイル 784-2.jpg

この「introducing the beatles」というデビューアルバムは、キャピタルレーベルでのデビューアルバム「meet the beatles」に次いで全米#2に輝いた、所謂、英国でのデビューアルバム「please please me」とほぼ同じ内容のもの、上の2枚はその内容をジャケットを差し替えての再発売のものになります。右下のものは、ビートルズのそうですね、インタビューアルバムとでも云っていいと思います。まさか、こんなに凄いブームを巻き起こすとは予想していなかったのでしょう?手を変え、品を変えて少しでも売ってしまおうというものだったのではないでしょうか?そのvee-jayレーベルはその後に倒産してしまい、後にキャピタルレーベルにて「the early beatles」というタイトルで再発売されております。このvee-jayレーベルにて発売されたものにも、同じもので幾つかの種類のものが存在し(上の2枚がそうですね、違いがお分かりでしょうか?)マニアの間では垂涎の的になっているのも周知の事実・・まあ、この辺は非常にややこしい?のですが、分かる様な気が致します、それだけ凄いグループですから・・