記事一覧

袖垣制作競技会の模様になります。10

アップロードファイル 267-1.jpg

さて、長かったシリーズも最終回、この辺の世界?一般の方々にはあまり馴染の無いものかもしれませんが、私としては植木屋としての仕事というか、この様なイベントが存在するということを告知というか、知って欲しかったという理由にて、ここにアップをさせて頂きました。今後も、我々の技術の研鑽を披露するイベント、また同業者同士の交流の場としてこの様なことを続けていって欲しいと切望しています。こちらは格子をちょっと崩した感じを用いたデザイン、いい感じですね、上位に入ったこと、間違い無しでしょうか?個人的な評価にはなりますがね??

アップロードファイル 267-2.jpg

どの作品が最優秀になり、埼玉県知事賞を受賞したということは今回の御紹介は控えさせて頂きますが、やはり評価というものは、より多くの方の賛同を得てのもの、何を言いたいのかといえば、シンプルなものが一番?と私は考えます。例えば洋服などもそう、黒などのシンプルなものはいつの時代も飽きの来ないスタイルなんだなと思いますね。この袖垣に関しても同じことが言えるのではないでしょうか?こちらもシンプルな一品になりますが、ちょっと床屋に行った方?が良かった感じだったのでしょうかね??