記事一覧

エレガンテシマの移植工事の紹介です。2

アップロードファイル 1380-1.jpg

さて、一番最初の掲載させて頂いたブログ1 http://www.houbien.jp/diary/diary.cgi のこちらの記事 http://www.houbien.jp/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2005&m=9&d=12 の続きを掲載していなかったことが判明?中途半端が嫌いな私(本当でしょうか?)なので、暫くの時を経て、再アップとさせて頂きます。エレガンテシマの移植工事になりますが、幹と幹の間隔が40~50センチくらいでしょうか?このくらいの大きさで留まれば、このくらいの間隔でも宜しいと思いますが、エレガンテシマは本当に大きくなります・・その将来を考えますと、1メートルくらいの間隔でも宜しいと思いますが・・・

アップロードファイル 1380-2.jpg

さて、そのエレガンテシマ、コニファーの中ではそうですね、巷に溢れる使用本数からいえば、ゴールドクレストがその王様かもしれませんが、ゴールドクレストは葉枯れ病にかかり易く、露地植えはお奨めが出来ません・・その病気に弱いゴールドクレストの代わりに王様に成りつつある存在が、このエレガンテシマ、その移植の前に準備作業として蒸散抑制剤 http://www.greenner.co.jp/ を散布している模様がこちらになります。